スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトプットの場数

11月でパステルシャインアートセラピーの
国際センター教室を終了します。

そこで以前、風邪でキャンセルされた方が
ご参加くださいました。

終了後、とても上手表現をなさいました。
『アウトプットの場数が必要ですね。』
その通りです。

セラピーを受けながら直ぐに言葉が出る方は
既に、日常でもよく話されます。

では、饒舌に話すことが良いのか?
いいえ、良いアウトプットでなければ効果はありません。

現実には、なりたい自分ではなく
困っていることを一生懸命に話される方が多いのです。

『私は、こんなに大変なんです。
だから、気持ちが落ち込んだり
体調が悪くなっても仕方がないのです。
それを何とかしたいのです。』

大変な状況や、苦労されている自分を話されて
少しは溜飲が下りるかもしれませんが
状況は変わりません。

自分が話している言葉を自分が聞いて
次第にその状態を確固たるものにしていってしまうだけです。

その方が、大変でないとは思いません。
事実を話されています。

ただ、誰でも自分が一番大変なんです。

大変なことを話すことに慣れてしまった方には
『話さなくてもいいです。』と申し上げても
まず、大変で困っている状況を話さないと
次のことに進めないのです。

そして、段々と変えられないものにしていってしまいます。

良いアウトプットをされる方は
確かに大変な状況を話されますが
次第に『だから、こうしたい。』ということに
話題が移行されていきます。

そうなるようにお手伝いするのがセラピストと思っています。

本人も気づいていない本当の自分は
なかなか出て来ないので
私は「ヒプノ」の研修も受けました。
今は必要がないので使っていませんが。

回数が必要な方は、テクニックを身に着ける方法もあります。

本当に望むことに気づくツールを手に入れられれば
わざわざセッションを受けなくても自分で出来ます。

困った状況は一生に一回ではありませんし
より一層、良い人生を歩むための
「転ばぬ先の杖」ではなく、「魔法の杖」にもなってくれます。



KC3Z034700010001-1.jpg
【五行歌】とは
「五行で縦書き」がルールの口語体詩歌です。
縦書きが出来ないため横書きになっています。



【新しいお知らせ】       
 
養成講座、ワークショップ等
ご希望に合わせて日程調整いたします。
遠慮なく、お問い合わせください。


                      (えつぼ) 
HP ココロに笑顔、カラダに笑顔。 笑壷ソサエティ

         (えつぼ)
フェイスブック 笑壷ソサエティ
ボランティアで参加していましたトリエンナーレの情報など
ご覧いただけます。

     (えつぼ) 
ブログ 笑壷ソサエティ  
  
   (えつぼ)
HP 笑壷ソサエティ <教室案内>

講座、教室についてはこちらをご覧ください。



スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

プロフィール

認定心理士 セラピスト 歌人  笑壷 晶子(筆名)

Author:認定心理士 セラピスト 歌人  笑壷 晶子(筆名)
はじめまして。

自律神経のバランスの乱れから体調を崩していた時に、「『心と体』を別にして考えるけれど、分けることはできないのではないか?」と気づきました。

現在、『心と体、全体性(ホリスティック)』の考えで「日本運動器疼痛学会」、「NGUリハビリテーション研究会」で勉強させていただいています。

それぞれの方の状態に合わせて、ご自分の力で『心と体』のバランスを整えていただけるように各種補完療法を使い、サポートしています。取得しています補完療法についてはこちらからご覧ください。

自分の体験から「どんな良いものでも、人に頼っていては、いつか困るときが必ずやってくる。」ことに気づいたからです。そして、私の経験した「自分で治せる」ことを、ご紹介するためです。

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。